トリキュラーはピルの中でも低用量ピルとカテゴライズされています。性行為の前から服用しておくことで避妊措置を取らなかったとしても高い確率で妊娠を回避する効果があります。服用方法、飲み忘れの際の対処法、入手方法など様々な情報を更新していきます。

ヤーズというピルはご存知ですか?

ヤーズの薬ヤーズは超低用量ピルとして多くの人に支持されています。
口コミの評判が良くリピーターも多い人気のピルです。
経口黄体ホルモンのプロゲステロンと卵胞ホルモンのエストロゲン混合月経困難症治療剤で、ドロスピレノンとエチニルエストラジオールを含有しています。
卵巣からの女性ホルモンの分泌を抑えることで月経に伴う腰痛や下腹部痛などの月経困難症の痛みを軽減させることができます。
卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロン配合剤なので、脳下垂体に働きかけて性腺刺激ホルモンの分泌を抑制し排卵を抑えます。
積極的に服用することで、月経困難症、子宮筋腫、器質性疾患などに高い効果を発揮します。
ホルモンバランスの乱れを正常に整える効果が期待できるので、月経困難症や子宮筋腫や器質性疾患の症状の改善だけではなく、月経前症候群の症状の軽減にも役立てることができます。
月経前症候群や月経困難症に悩まされているという女性は多いのではないでしょうか。
腹痛や腰痛や肩こりや頭痛や吐き気やめまいやむくみや肌荒れや下痢や便秘や倦怠感やイライラなど症状は様々で、症状のあらわれ方には個人差があります。
生活に支障をきたしてしまうほどの辛さを感じる女性も数多く存在します。
そんな女性の強い味方となってくれるのが超低用量ピルのヤーズです。
ヤーズの用法用量についてですが、1日1錠ずつ24日間服用し、その後4日間は飲み忘れ防止用のプラセボ錠を1錠ずつ服用します。
この28日間が一服用周期となります。これを繰り返していきます。
飲み忘れに注意して用法用量を守って正しく服用しましょう。
起こりうる副作用としては、不正出血、乳房の張りや痛み、頭痛、吐き気などの胃腸障害などがあります。
体に何らかの異常を感じたらすぐに服用を中止して病院の医師に相談しましょう。
高血圧や心臓病や腎臓病や肝臓病などの持病を患っている人や他の薬を服用中の人や病気や怪我の治療で通院中の人は服用する前に事前に主治医に相談しておく必要があります。

低用量ピルと超低用量ピルの違い

ヤーズのような新世代の超低用量ピルと一般的な低用量ピルの違いは、1錠に含有される卵胞ホルモンの量にあります。
低用量ピルの場合は1錠の中に含有される用量が40μg以下で、超低用量ピルの場合は1錠の中に含有される用量が30μg未満です。
卵胞ホルモンの容量が多ければ多いほど効果は高まりますが、それに伴い副作用のリスクも高くなります。
低用量ピルの服用による副作用が強く出てしまう人が副作用の少ない超低用量ピルに切り替えるというケースも多く、それが口コミの評判の良さにも反映されています。
ピルは今や避妊や不妊治療だけに用いられるものではありません。
超低用量ピルの普及が進んだことによりピルがより身近な存在となり、月経困難症や月経前症候群などの悩みを抱えている女性が気軽に取り入れることができるようになりました。
そんな超低用量ピルの中でもポピュラーで人気が高いのがヤーズです。
ヤーズは病院で処方される超低用量ピルですが、通販サイトでも気軽に購入することができます。
ヤーズは海外の商品なので、個人輸入代行サービスがある通販サイトを利用して購入するのが便利でお得です。
個人輸入というと、手続きが面倒、海外からの発送なので不安感がある、費用が高そうなどのイメージが抱かれがちですが、個人輸入代行サービスがある通販なら簡単に安全に安くお得に海外のヤーズを購入することが可能です。
一般的な通販サイトで買い物をするときと同じような方法で手軽に個人輸入ができます。
初めてヤーズを服用するという人は最初は病院から処方してもらい、2回目から通販を利用するという方法がよいでしょう。
ヤーズの特徴や期待できる効果、低用量ピルと超低用量ピルの違いをきちんと理解して用法用量を守って服用し、女性の悩みを解消させましょう。