トリキュラーはピルの中でも低用量ピルとカテゴライズされています。性行為の前から服用しておくことで避妊措置を取らなかったとしても高い確率で妊娠を回避する効果があります。服用方法、飲み忘れの際の対処法、入手方法など様々な情報を更新していきます。

ピル服用で大人ニキビや肌荒れを防げる

ニキビというと10代の若い頃にできやすいイメージがある人が多いかもしれませんが、20歳を超えてからもできる大人ニキビや肌荒れに悩まされている女性は多いものです。
特に大人ニキビや大人になってからの肌荒れの特徴として、生理前になるとニキビが出来やすい人は非常に多く、生理前に肌荒れをするというのは多くの女性の間で常識として受け入れられている事実があります。
ではなぜ生理前になると大人ニキビが出来やすくなるのでしょうか。
女性の体には約一ヵ月で一巡する生理周期が起こっています。
その生理周期の中で卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が時期によって変化しているのですが、それらの女性ホルモンだけではなく女性の体にも男性ホルモンは存在します。
そして、生理前が男性ホルモンが多く分泌される時期にあたるのです。
男性ホルモンには過剰に皮脂分泌をする作用があるため、毛穴がふさがれやすくなります。
また、男性ホルモンは肌質を固くする作用もあるため、これもまた毛穴ふさぎを起こしやすい要因となり、毛穴がつまることでニキビが出来やすい環境が起きてしまうため、男性ホルモンが多く分泌される生理前には肌荒れが起きやすいのです。
しかし、ピルを服用することで生理前に増える男性ホルモンの分泌を抑えてホルモンバランスを整えることができます。
ピルを使用するニキビ治療をホルモン治療とも呼びますが、文字通りピルによってホルモンバランスを整えることで大人ニキビによる肌荒れを改善することができます。
また、ピルを服用することにより美肌ホルモンとも呼ばれる女性ホルモンのエストロゲンが安定して分泌されるため、皮脂分泌を抑えて女性らしい柔らかい肌質を作ってくれたり、肌のきめが整うなど美肌効果が現れる女性も非常に多いのが特徴です。
出来てしまったニキビに対する対症療法ではなく、大人ニキビを根本から解決する方法としてピルを用いた治療は非常に有効です。

■ニキビ治療に使えるお薦めのピル
ダイアン35の通販はこちらからどうぞ

ピルを使ったニキビ治療の注意点

ピルを使ったニキビ治療にも注意点はあります。
というと、ピルによる副作用を考える人もいるかもしれませんが、ニキビ治療に使用されるピルは容量がごく低いものが中心になるので、一般的にホルモン治療に抱かれるイメージの副作用に比べて、そのリスクは非常に低いですが、症状としてはむくみ、吐き気、倦怠感、頭痛、軽い不正出血、乳房の張りなどがあります。
また、ピルの服用には条件があります。
ピルは喫煙との相性が悪く、両者が揃うと血栓ができやすくなる特徴があるため、35歳以上で一日に15本以上煙草を吸う人、高血圧の人、妊娠または授乳中の人、そして血栓ができたことがある人は基本的にピルを服用することはできません。
また、40歳以上の人、喫煙者、肥満の人、血栓の病気になった親族がいる人、婦人科疾患がある人も必ず病院を受診して医師に相談の上ピルを服用するようにしなければいけません。
ピルは喫煙と重なることで血栓が出来やすくなることがわかっていますが、血栓は本来は自然に溶けてなくなるものです。
しかし、血液がドロドロであったり、血流が悪いと血栓が消えずに血管内を詰まらせてしまいます。
そして最悪の場合は脳卒中やそれによる脳梗塞、または心筋梗塞を引き起こす恐ろしい症状なのです。
このようにピルを使ったニキビ治療はニキビが出来る原因である男性ホルモンの分泌を抑え、エストロゲンなどの女性ホルモンを安定供給してくれるためニキビの根本治療ができるだけではなく、肌質の向上も得られる効果的な治療法です。
しかし、ピルの特性をしっかり理解して、血栓のリスクが少しでもある場合には医師に相談を受けた上でピルの服用をしていくことがとても大切です。