トリキュラーはピルの中でも低用量ピルとカテゴライズされています。性行為の前から服用しておくことで避妊措置を取らなかったとしても高い確率で妊娠を回避する効果があります。服用方法、飲み忘れの際の対処法、入手方法など様々な情報を更新していきます。

ピルは生理前の症状や生理不順を改善できる

「ピル」という言葉は聞いたことがあっても、実際に服用したことがないという人は意外と多いのではないでしょうか。
ピルには、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが含まれています。
ピルを服用することにより得られる効果としては、排卵を止める、受精卵が着床しにくい状態にすることが出来る、精子が入りにくい状態にするということが挙げられます。
ピルには、女性ホルモンのバランスを整えることが出来るということもあり、生理不順の改善効果を期待することが出来ます。
ピルを服用することで、約28日の生理周期で定期的に生理が来るようになりますし、生理前に様々な症状があらわれる月経前症候群の改善も期待することが出来ます。
また、男性ホルモンの作用を抑える効果も期待できますので、ニキビの発生や多毛の改善にも役立てることが出来ます。
ピルには、生理不順の改善だけではなく、子宮内膜を薄くするという作用もあり、経血量が通常よりも多い過多月経の改善効果を期待することも出来ます。
さらに経血を排出するために子宮が収縮することも少なくなりますので、生理痛を軽減させることも出来ます。
生理不順には悩んでいないけれど、生理になる日をコントロールしたい、コントロールせざるを得ないということは誰にでも考えられることです。
そのような場合、ピルを服用することにより、生理日をコントロールすることが出来ます。
ピルというと、以前は本来の目的のために使用するということがほとんどでした。
しかし、最近は生理不順の改善や生理痛の軽減、生理周期の安定、月経前症候群の軽減などを期待して使用する人が増えてきているようです。
ただし、ピルを服用することで、副作用が生じる可能性もありますので、服用をする際には、用量・用法をしっかりと確認するということが副作用のリスクを少なくするためには大切です。
万が一、何らかの症状が見られた場合には、早めに医療機関に相談をするようにしましょう。

生理前には大豆イソフラボン摂取でイライラ解消

生理前は普段は気にもとめないようなことでイライラしてしまったり、気分の落ち込み、腹痛や頭痛などの症状があらわれる可能性があります。
このような症状のことを月経前症候群と言います。
豆乳などの大豆イソフラボンが含まれている食品を積極的に生理前に摂取することで、生理前のイライラ解消に役立つと言われています。
大豆イソフラボンを適量服用することで、セロトニンの濃度が上昇するため、イライラ解消や腹痛・頭痛の軽減効果を期待することが出来ます。
セロトニンは生理前に減少してしまうため、そのタイミングで摂取することで、月経前症候群の症状を軽減させる効果を期待することが出来るでしょう。
大豆イソフラボンはその名の通り、大豆に多く含まれています。
大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た構造であるという特徴があります。
豆乳や豆腐、きなこ、納豆、味噌、醤油、おからなどの大豆製品に多く含まれています。
大豆イソフラボンの一日あたりの摂取目安量の上限は70~75mgであると言われています。
これは、納豆の場合は2パック、豆乳であれば300ml、豆腐であれば1.6丁分です。
一つの食品ではなく複数の食品を組み合わせて摂取することで、無理なく摂取することが出来るでしょう。
サプリメントを使用するという場合には、普段の食事と合わせた場合に大豆イソフラボンを摂りすぎているという事になりかねないので、注意が必要です。
気軽に摂取することが出来るものとして、豆乳があります。
豆乳をそのままでは飲みにくいという場合には、バナナなどのフルーツと合わせてみると良いでしょう。
栄養豊富なフルーツと組み合わせることで、お互いの有効成分を高めることが出来ます。