トリキュラーはピルの中でも低用量ピルとカテゴライズされています。性行為の前から服用しておくことで避妊措置を取らなかったとしても高い確率で妊娠を回避する効果があります。服用方法、飲み忘れの際の対処法、入手方法など様々な情報を更新していきます。

トリキュラーは病院以外でも購入できます!

トリキュラーは、日本で製造販売が承認されているピルの中でもとりわけ人気のある医薬品ですが、処方せん医薬品に指定されているため、国内の薬局で購入するためには産婦人科がある病院に行って、医師に処方せんをつくってもらわなければなりません。
スマホで注文をする女性医薬品の中には、目的によっては病院で処方しない方針にしているものも少なくありませんが、トリキュラーについては産婦人科医にきちんと事情を説明すれば処方してくるので心配は要りません。
しかし、病院へ通院する際には毎回、トリキュラーの購入代金以外にも、病院の診察料や検査料、薬局の服薬指導料、交通費などいろいろな費用が発生し、1日の通院での出費は数千円にもなります。
このため、女性の中にはトリキュラーをもらうためだけにわざわざ病院に通うのが面倒くさいと感じる人も少なくありません。
実は、トリキュラーは病院以外でも購入できる方法があります。それは、ネット通販サイトを利用する方法です。
ネット上には医薬品を取り扱っている通販サイトがたくさんあり、利用規約さえ守っていれば誰でも注文をすることができます。
ネット通販サイトを通じてトリキュラーを注文すると、出費は薬代と配送料のみとなり、診察料や検査料、交通費などを出さなくても良い分、安く購入することができます。
サイトによっては日本で製造されているものより安い価格が設定されており、このようなサイトから注文をすれば薬代自体の出費も抑えることが可能です。
ネット通販サイトで主に購入することができるのは海外医薬品、つまり日本国外で規制当局によって製造販売が承認されている医薬品です。
日本では医薬品医療機器等法という法律によって、医療用医薬品の輸入や流通に関して厳しい規制があり、通常は海外医薬品を日本国内に持ち込む場合にもいろんな手続きをクリアしなければなりませんが、一定の要件を満たせば例外として、一般的な通関手続きを済ませるだけで海外医薬品を持ち込むことが可能になります。この仕組みを利用して行われているのが個人輸入代行業で、この業者が運営しているのが医薬品のネット通販サイトです。

ネットで売られてい海外医薬品の注意点

ネット通販サイトから海外医薬品を買うにあたっては、いくつか注意点があります。その一つが一度に購入できる医薬品の数量です。
海外医薬品を薬監証明なしで一度に輸入できる数量には制限があり、個人輸入代行業者が運営しているネット通販サイトでもこのルールにしたがって注文数や配送する数量を制限しています。
数量の上限は用法と用量で見た期間で決められており、一般的な医薬品は2ヶ月分、処方せん医薬品に相当するものは1ヶ月分となっています。
トリキュラーの場合についてこの数量制限について述べると、日本国内でトリキュラーは処方せん医薬品となっているので、個人輸入できる数量の上限は1ヶ月分、製品の数量であらわすと1シート分のみとなっています。
多くのネット通販サイトでは複数個注文することが可能ですが、業者は自宅へ1シートずつ発送してくることになります。
海外医薬品の個人輸入についてはもう一つ注意点があります。それは、購入したら自分ですべて使用しなければならないということです。
個人輸入は、持ち込んだ人本人が使用することを条件に許されているものであり、輸入したものを他人に譲り渡す行為や他人からの依頼を受けて取り寄せる行為は禁止となっています。
この禁止行為を行ってしまうと、医薬品医療機器等法違反として処罰の対象となります。
もし、トリキュラーが欲しい友人がいたら、注文したネット通販サイトを紹介し、自分で手続きをしてもらいましょう。
そして、海外医薬品を買う際にもっとも注意しなければならないのは、使用によって健康が害されてしまっても自己責任になることです。
産婦人科から処方を受けたトリキュラーの服用後に身体に異変を感じた場合、それが添付文書で指定されている用法と用量を守っている中で起きたものであれば、健康被害救済制度の適用対象となりますが、ネット通販サイトから購入した場合は制度の適用対象外となり、健康を害した場合はすべて自己負担かつ自己責任で症状を改善しなければなりません。
もし、海外医薬品の健康リスクに不安があるのなら、病院に行って医師に処方してもらったほうが安全です。